◎母の俳句集をつくりました  平成26年1月下旬

 パソコンでつくった手作りの俳句集です

   平成11年から23年までの同人誌への投稿句を編集しました

多くは「うまや」からの抜粋ですが、平成11年1月号の第1ページから38ページまでと裏表紙が39、40ページになっています。表紙裏の写真は葬儀のときの遺影につかったものです。途中にも何枚かの写真を挿入しています。

ダウンロード
俳句集表紙.docx
Microsoft Word 704.2 KB
ダウンロード
俳句集表紙裏.docx
Microsoft Word 205.7 KB

句集本文は2ページがならんで表示されますが、左→右→次の段の左、右という順になります。(ページが記載されています)

ダウンロード
母句集(2).docx
Microsoft Word 2.9 MB

◎大腸の内視鏡検査 今回も2個のポリープを取る

                 平成25年12月12日 受診

12月12日 今年も大腸の内視鏡検査を受けました。今回も肛門から15㎝くらいのところの2個のポリープを切除しました。4年連続のポリープ切除です。

○2013-11-3 東区老人クラブ連合会の演芸大会で「俵星玄蕃」を歌う

◎母の三回忌法要 を営みました

            平成25年10月12日 真光寺本堂で

今回は、博文一家(3人)、健一一家(2人)、耕一一家(5人)、鳥井、長門が残念ながら仕事の都合で欠席になりましたが、永至夫妻、平田夫妻が参列していただきました。

    法要終了後、真光寺本堂前で
    法要終了後、真光寺本堂前で

◎四年ぶりに胃カメラで検査を受けました 平成25年4月9日

 平成22,23,24年の三回大腸の内視鏡の検査を受けました。それぞれ2,4,3個のポリープを切除しました。

 胃については平成21年以来4年ぶりに受けました。結果は、特に問題はない、ということで一安心しました。

◎タイへ5日間のあわただしい旅行をしてきました

 21012-12-21~25までタイ旅行をしてきました。博文のプランで、ホテルに二日間、博文の家で二日間でした。23日はタイ国王の宮殿や有名寺院等の観光ツアーに参加しましたがその壮大さ、きらびやかさ、豪華さにはただただ驚かされるばかりでした。昭江さんにはいろいろ世話になりました。壮平君はカゼで少々心配しましたが大したことにはならず元気な様子に安心しました。

 お蔭で人生の楽しい一ページとなりました。

 観光地の素晴らしさとは反対にタイという国はまだまだ発展途上国との感を強く受けました。 日本という国の良さを再認識することができました。

 

以下は動画です

◎今年も一個のポリープを 大腸の内視鏡検査 

平成24年12月8日、検査をうけました。予想したとおり、今年も一個のポリープが見つかり、切除しました。検査そのものは15分程度で終わりましたが、過去二年にはなかった痛みを二度感じました。医師によりやり方が違うのかも。

◎母の一周忌の法要を営みました

2012年10月7日、真光寺本堂において、母の兄弟、子、孫、曾孫の28人が参列して厳かに営みました。

◎検査の結果 すべて良し

 9月18日、半年ぶりに血液検査、胸部X線撮影、心電図、検尿をした。今日医院へ結果を聞きに行った。すべてに問題はなかった。ただ、血糖値は正常値の範囲内だが、やはり食生活、運動には気をつけるように、とのことだった。

 最近は、体重もほとんど変化がない。食べ過ぎた、と思うことも多いがコントロールされているようだ。起床時・就寝前の体重測定(約2年前のステント挿入以来)に加えて、起床時に血圧を測っている。

 

 

◎労災病院から<執行猶予付き>で解放されました

                 平成24年5月11日

2010年10月12日の緊急入院、手術(カテーテル検査、ステント挿入)以来一年八ケ月ぶりに、5月11日の負荷心電図、心臓エコー検査の後の18日診察で労災病院の担当の先生から、「これからはかかりつけの先生に診てもらってください」と言われました。やれやれです。これからも、血糖値、血圧、コレステロール値に注意しながら一生血液さらさらの薬は飲み続けなければなりませんが。

いわば<執行猶予付き>ということだと思います。

 

 

 

◎白浜へ小旅行 郁代、宏佳、和代と五人で

 平成24年3月14日~15日 五人で白浜へ出かけました。14日は田辺梅林、白浜エネルギーセンターへ。15日は京大の水族館、千畳敷、三段壁、とれとれ市場等を楽しみました。

 3月14日は私達の結婚47年になります。

 

 

◎パピが死にました 寂しい、悲しい

我が家に来てから約12年、パピが平成24年2月12日午前2時に死にました。咳のような状態がしばらくあったが、前夜いつものように、8時ごろ散歩のあと二階に上がり、ベッドで寝ていたが、喘息か咳のようなものが激しくなり、あちこちで横になっていたが、だんだんようすがおかしくなり、2時に息だ耐えた。その間、どうするすべもなくそれを見守るしかなかった。寂しい、悲しい。

 堺動物霊園で火葬の後、長く供養してもらうことになり、また分骨して庭の隅に埋葬することにした。

 

 

 

◎昨年2個、そして今年は3個のポリープを切除

 平成23年12月5日、かねてから予約を大腸の内視鏡検査を受けました。そして、3個のポリープを取りましたが「心配はいらないと思うが、組織検査の結果は12日以降電話で問い合わせて下さい」とのことであった。

 特に、痛いわけではないが、気持ちの良いものではない。まァーやれやれだった。

◎亡き母の四十九日の法要を無事済ませました

 成23年10月17日に亡くなった母の四十九日の法要を12月3日、お寺の本堂においてしめやかに営むことができました。当日は、耕一君家族と哲也君を除き(共に仕事でどうしても都合がつかなかった)キヨの子、孫、曾孫全員が参列しました。

 参列者全員が母をしのび、永久の冥福を祈りました。

 

 

◎母キヨが他界しました

平成23年10月17日、母キヨが亡くなりました。18日に通夜、葬儀・告別式は19日に町内の会館で営まれました。多くのの皆様が、ご多忙中、遠路わざわざご会葬を賜り、有難く厚くお礼申し上げます。

 

 

◎検査の結果は「問題なし」  平成23年4月17日

2011-4-17 入院、18日AM10ころからカテーテル検査開始、約50分くらいで終了。心臓の働きは順調、昨年挿入したステントも正常に働いているとのことであった。

やれやれであった。特に、痛い、というわけではないが、やはり非常に緊張するし、怖い。2012-4-13の予約。

 

 

◎2010年(平成22年)10月12日  労災病院に緊急入院

            狭心症で緊急入院

 五月に,生まれて初めて大腸の内視鏡検査を受けた。中西胃腸外科を、新井内科クリニックから紹介されての受診。前日に下剤を飲んで、午前10時の予約。強い不安感で心穏やかならず、の状態だった。30~40分程度だったか「終わりました」「ポリープを2個取りました」。恐れていたほどのことはなかった。

 一週間ほど後、新井さんで、ポリープが悪性でなかった、との結果を聞いた。

 <案ずるより産むが安し>

 

 10月11日、畑から帰ってきてしばらくして、胸がズシっと痛くなってきた。だんだん増してくるようだ。新井へ行こうと車で家を出たが、休日だと気付いた。南堺病院へ行く。整形外科の医師が当直だと聞いたが、とりあえず診て欲しい、と受診。心電図では異常はない、とのこと。安定剤を点滴。痛みは収まった。車で帰宅したが、やはり気分が悪い。はやく寝る。

 12日、八時前に新井さんへ。診察の結果、紹介状を書くからすぐに労災病院で精密検査を受けるように言われた。

 10時前、労災で受付。「循環器内科」で待つように言われた。その後四ヶ所で検査、午後一時ごろやっと診察の順番がきた。担当医が検査結果を見て、即座に「緊急入院」を告げられた。ショック。悪性コレステロール値が異常に高い、ということだ。一旦家に帰らせて欲しいと言ったが、ダメ。

 手術着に着替えさせられて、いろいろな処置。雅代が着いて手術の承諾書にサイン。ストレッチャーに乗せられて心臓カテーテル室(?)へ。

 担当の田中医師から“これからカテーテルによる検査を行います”と告げられた。その前に膝痛をおさめるブロック注射。四五人の医師たちの声が聞こえるなか四十分くらい経過したらしい。“これから治療に移ります”。さまざまな思いが脳裏をかけめぐる。

 それから約一時間くらい経った。<終わりました>の声に大きな安堵感。

四階の病室へ。生まれて初めての入院生活のスタート。

 章三が来てくれた。雅代と二人でモニターで説明を聞いてくれた。

 田中医師から「順調にいけば五日くらいで退院できる」

 夜中の12時近くなって尿意がすごく強くなってくる。膀胱に管を入れてあり自然に出るから大丈夫と言われていたがどうもおかしい。看護婦、いや看護師に言っても「大丈夫」の答え。気分を紛らすために、と注射。朝の六時しかはずせない。それからは、強い尿意との闘いが続く。まるで地獄だ。

 ようやく六時になり看護師がはずしてくれた。と同時に相当量の尿が漏れた。シートが汚れた。私は確信した。管が完全に膀胱に達してなかった、と。しばらくして、点滴をつけたまま、トイレへ行ったとき、トイレの前で自分の意思とは関係なくかなりの量が漏れた。パッドをしていたのでよかったが。

 自由に歩けるし、痛くもかゆくもない。一日2,000円の差額ベッドだったが、ほぼ快適な入院生活だった。多くの看護師が入れ替わり立ち代わり血圧測定や検温などでやって来るが、みな親切だった。10月16日(土)退院、聡子が雅代と迎えに来てくれた。

 次は10月29日に血流検査を受けた。午前、午後の二回の検査だった。結果は11月5日だった。特別に、悪いところはなかった。

 来年4月12日、今回のカテーテル治療の検証のため二泊三日で入院の予約をする。いやだが仕方がない。 

 

 

◎2010年(平成22年)5月22日(内視鏡により二個のポリープを取り除きました)