俳句らしきもの、川柳らしきもの、短歌らしきもの・・他の趣味・どんなものでも結構です。お寄せ下さい

 

 

 

(2012-6-6 大橋)

友と行く お花見だしにしゃべり会

 すごいねと おだてられては図に乗って

  すごい風 車横転橋の上

   藤棚を 見上げてほめて写真撮る

    ウォーキング 道端の花にあしとられ

     墓参り 誰が来たのか香が立つ

      極楽の 風法話聞きつつうとうとと

 

 

        大橋さん
        大橋さん

 

 

 

         松本さん
         松本さん

 

 

 

       上野さん
       上野さん

 

 

 

           雅代
           雅代

 

 

 

       大橋さん
       大橋さん

 

 

 

       大橋さん
       大橋さん

 

 

 

短歌(2012-3-19 三宅 M

シンボルの 灯台めざして歩みゆく 四世代揃ひ陽春の道

岸壁に 白きヨットの舫ひいて 堺の湊に春日かがやく

南蛮人は つるぎを佩きて橋に佇つ 河面に揺れる鯉のぼりかな

 

 

     2012-4-10 雅代
     2012-4-10 雅代

 

 

 

大橋(2012-4-6)

  猫いらず 置きたくなるよ庭のふん

   猫背予防 気にせなあかんストレッチ

    包丁を研ぐ ことだけを嫌う夫

     天才の 研ぎすまされた鯵の絵

      感動の 潔の襖鰯の絵

       男雛 女のようなキャシャな指

        母が逝き 実家だんだん遠くなる

         ちょっとした 段差でころび古希の坂

      2012-3-2雅代の絵に亡き母の句を重ねました
      2012-3-2雅代の絵に亡き母の句を重ねました
    2012-3-10 上野 
    2012-3-10 上野 
   2012-3-9 大橋さん
   2012-3-9 大橋さん
         2012-3-9 大橋さん
         2012-3-9 大橋さん

 

 

2012-1-26 亡くなった叔母(井野英子)の遺品の中にあった色紙

各写真の上をクリックするとその写真は大きくなります(その写真の右側に表示される→をクリックすると、大きい画面のままで次の写真を表示します)

画面の右下の×をクリックすると元に戻ります

 

 

(2012-2-23 産経川柳)

 

 

(2012-2-17 産経川柳より)

 

私の選んだ天・地・人

2012-2-9 産経新聞・川柳より

天・地・人さすがですね
天・地・人さすがですね
大橋さんの絵に他のお二人の句
大橋さんの絵に他のお二人の句

 

大橋さんの直筆の句です。上の絵手紙の表側に書かれていたものです。

 

 

 

上野さん の絵手紙

 

 

産経新聞・川柳

       2012-1-18永至さん
       2012-1-18永至さん

◎2012-1-19 産経新聞「大人」川柳

 

2012-1-11 雅代 絵手紙2点

亡き母を偲んで・折にふれての日々雑感

(雅代)       

         孫増えて フォトスタンドが忙しい

            「ズロース」と 母の言葉は超古い

             「口だけは一つでいい」と法話聞く

               庭隅の 火鉢に父の笑顔見る

                「切られ与三」自分にあだ名母がつけ

                 つくし摘み 病床の母に春告げる

                  食後には 薬で賑わうクラス会

                   病む母の カルタ読み手で生き生きと

                     広辞苑 持てぬが引ける米寿母

                       歯は減るが 豆の数だけ増えていく

         配膳と にらめっこする兄見舞う

          ごめんなさい てるてる坊主頭下げ

           忘れ傘 老いも若きもみな同じ

             メル友は 誤字二つ三つ通じ合う

               幼い日 見た病室の母の顔

                 句に代わり 他界の母と同人誌

 

 

(三点は大橋さん、一点は上野さん)

 

<大橋さんはサムフレンズ川柳句会会員です>

2011-12-6

(大橋)孫たちに 手紙出してもすぐメール

       母しのぶ 同人誌着きまた涙

       義理人情 寝たふりしてる通勤車

       代替わり 義理でも法事通知きた

       お互いに 本音で本音で云えぬ義理の仲

       もみじマーク 夫を信じ乗せる友

       去年より 長くなってるズボン丈

       思い出を 捨てていかねば片付かぬ

       みすゞの詩 思い出しつつ食べるじゃき

2011-10-4

(大橋)やがてくる 一人暮らしの覚悟まだ

       孫が彫る 消しゴム印は宝もの

       

2011-10-10  台風去り 秋急ピッチ布団出す

 (大橋)  青虫と 同じしその葉食べている

          縁あって 娘の心遠い地へ

          金魚すくい 破れてもまだ粘ってる

          水槽の 金魚に話しかける孫

          少年の 夢受けとめる甲子園

          墓参り 何故か心が軽くなる

  大橋さんの写真と川柳
  大橋さんの写真と川柳

 

2011-7 年老いて 家事分担をする夫婦

       被災地へ 物資が足りず気も晴れず

       紫陽花の 群青色に癒される

2011-9  少年の夢 受けとめる甲子園

       墓参り 何故か心が軽くなる 

 

 

2011-9-2  みつをさん 私の出番とひげなでる

(枕流)      小六の 孫と牛丼大盛りを 

 

 

   

◎泉さんの刺繍と絵手紙

2011-7-22 
2011-7-22 

      刺繍です(次のファイルをダウンロードして下さい)

ダウンロード
izumi.doc
Microsoft Word 69.5 KB

 

 

 

 

 

2011-7-21 大橋さん

 

 

2011-7-21 永至さん

 

 

 

 

 

 

 

2011-7-17 盆の寺 親の愛念胸深く

上野 

 

 

2011-7-13  仕事なし 金なし友あり うらみなし

(NHK フォト川柳より)

 

 

 

 

2011-7  胸を刺す 助言の裏に友の愛

 (雅代)   ラベンダーが 結ぶ友との古希の旅

        親子げんか 病が縁で愛情に

        夫婦とも 頑固急増古希の坂

 

 

2011-7-12 (雅代)                                                  朝の庭 かすかに匂う ゴーヤ棚

 

朝食に 庭のトマトを二つ三つ

 

2011-7-11  絵手紙の 苺に希望もつ明日

 (帛子)      小指どこ 手袋の指あまる孫

           げんまんの小さな指に誘われる

           紫陽花の 群青色に癒される

 

 

2011-7-10 村上さん ありがとうございました
2011-7-10 村上さん ありがとうございました

 

 

2011-7-1   医療費負担 うれしくもあり 寂しさも

(枕流)

   医療費の窓口負担割合が3割から1割に変わりました。70歳になったからです。

   しかし、恐らく来年4月から2割負担に変わるでしょう。

 

2011-6-16   子連れより 犬連れ多い町となり

(朝日川柳)   妻と子が 大連立でオレ孤独

 

 

 

 

 

2011-6-14 孫からと タバコ止めさす口実に

(雅代)    ママ出産 パパも苦痛のタバコ止め

         鍬を打つ 小鳥ミミズをついばみに

         菓子を焼く いつもパンダの顔があり

       

 

 

(大橋)

2011-6-12    カーネーション母の為にと被災の子

          被災地の 紙面いっぱい涙出る

          大津波 教訓残し去って行き

          都忘れ 形見になった母の花

          美術展 これを口実食事会

          お裾分け 年に一度の豆ごはん

 

 

2011-5-30 村上さんの写真(姫路城)、色紙(書は村上さんの奥さんによるものです)です

 

 

2011-5-24  

(朝日川柳)  こんなとき 言った言わぬのこのレベル

         厄年に 七十七を追加する

 

 

         

2011-5-25  永至さんのゴム版画です

 

 

 

 

お借りしている家庭菜園で、共に楽しませている村上さんが絵手紙教室に通っておられるとのことです。早速、傑作を一枚お借りしてアップしました。写真の腕前も相当なものらしく、なかなか多趣味の文化人です。ますますのご活躍を祈ります。

 

 

2011-5-15 大橋さん
2011-5-15 大橋さん

 

 

2011-5-13   大震災 熱いお茶飲む有難さ

(帛子)       君を捜す 携帯鳴って下さいよ

           あせっても 重機入らぬ人捜し

           仲の良い 夫婦面してお散歩に

           のし袋 やはり相談して悩む

 

 

2011-5-10  決断が 早いと怒る遅うても

(朝日川柳)  初めから ないと思えば知恵も湧き

 

 

2011-5-8  ‘ふるさと’が よく聞こえくる震災後

(雅代)

 

 

 

2011-5-6 上野さん

2011-4-27 大橋さんです

 

 

                      テレビみて 不安増長つらい日々

                       長官の 会見所詮は原稿読み

                         統一選 ただ風に乗る有権者

                             (2011-4-12 枕流)

 

                                                 大東京 託すは後期高齢者

                                                  普天間の 次は福島 宇宙人

                                                   あと四年 どげんもならぬ東京都

                                                    (2011-4-12 朝日川柳)

             コンパスと 定規で決める自主避難

             (2011-4-12 よみうり時事川柳)

 

 

    歳増えて 薬の量も増える古希

    赤ちゃんが 乳首を離す天の顔

    雪積もり 子供心に戻る古希

    雪が降る 幼馴染と話したい

    (2011-4-10 帛子)

こんな時期に不謹慎ですが

2011-3-28 風評を 伝える報道風評源

(枕流)       原子力 学者の言うことバラバラだ

 

2011-3-5  春はのみの風の寒さや

(朝日川柳)  カンニングみんなで騒げば大事件

         (クチナシ)

         梔子がジャスミンよりもお好きらし

         中国は論語を読んでいるかしら

 

2011-3-5  古希の坂 仲間あっての私あり

(帛子)    悪友が 側にいるのに気が付かず

        悪友に 気付かぬ私五十年

        寒さだけ 我慢我慢出来ない老いの坂

        雪積もり 子供心に戻る古希

        雪が降る 幼馴染と話したい

 

2011-3-1  良心の唇青しカンニング 岡田朝太郎(天声人語)

 

 2012-2-19  老母にした 相談事ももう出来ず

帛子)    一かけの とてもおいしい摘み食い

         コーラスの 出番近づき混むトイレ

 

 

2012-2-20  雪が降る 幼馴染みと話したい

帛子)     雪積もり 子供心に戻る古希

         子の車 降り止まぬ雪案じ母

大橋さんの絵手紙

 

 

2011-2-17     首長が 夢中になるとナチくさい

朝日川柳より)  中京都と 聞かされても何のこっちゃ

 

2011-2-17   孫が編む 三歩進んで二歩下がり

(雅代)

 

 

上野さんは多趣味な人です。いろいろな作品を期待しています。

上野さんの水墨画です

 

 

 

大橋さん画(2010年12月21日メールで受信)

 

大橋さんの句(サムフレンズ川柳句会

10月5日 痴話喧嘩 星の数ほどある話

      夫婦して 綿壁塗って模様替

      クーラーは 急に無用で冬布団

11月   自慢した 朝顔種を送るはめ

      地蔵の絵 パワーを貰い描いてる

      (朝日新聞投稿句・題:必死

      五十代 必死で生きた日記見る

      七十代 必死の言葉すたれゆく

      七十代 必死遠のく趣味五つ

   

  9月(雅代)  病窓の 桔梗が主(あるじ)を勇気づけ

        庭いっぱい 桔梗の咲いて主(あるじ)逝く

毎日新聞より転載(この3句)

  22.7.24      こっそりとタコ飼いだした気象庁

          逆転があるさ人生ロスタイム

           なま物を干物に変えたゆうパック

 

22-10-8     古希迎え 夫婦それぞれ医者通い

(枕流)  青虫と 闘い続く秋野菜

 

22-10-26  友達と 診察券の数競い

(枕流)  吾もまた カテーテルの世話になり

以上はパソコン内の他のページをコピー、貼り付けしましたので文字の大きさが以後と違います)

12月6日 自民党 野党質問板につき

(枕流)

 

     

12月9日 譲られて 孫にか私か 車中にて

(雅代)

12月20日 たんまには ひとり音楽父しのぶ

(雅代)

 

12月24日 リタイア後は 連続ドラマで曜日知り

(枕流)

12月25日 一日が ドラマで始まる老夫婦

(雅代) 

12月28日 こぞ

 (帛子)    去年今年 まだ現役で主婦してる

 

       去年今年 兄弟の数一人減る

 

       お隣の 入居に安堵する私

2011-1-1   紅白は カタカナばかりで判らない

(枕流)  紅白は 小学校の学芸会

       ボヤキつつ 紅白たまにチャンネルす

       紅白は 見なけりゃいいのに視てボヤく

       紅白を ボヤキ通しで妻おこる

2011-1-4   うちの犬 どこをさまよう二晩目

(帛子)  コロ帰れ ぬくぬく毛布ある小屋へ

2011-1-21  大寒や 連れてる犬で犬を知り

(枕流)

2011-1-22  厚化粧すればする程年が出る

         俺の血が濃いのか孫の通信簿 (この2句 朝日川柳より)

 

 

         

◎平成22年度 俳句誌「うまや」特別賞受賞 藤森キヨ

昨年末、受賞の連絡があり、母は大喜び、感激のうちにその嬉しさを下記のように表した。

◎永至さん 版画

◎大橋さん 絵手紙

 

 

2011-1-22  そのまんま 自信たっぷり東京へ

(枕流)

 2011-1-27   無理をさせ 無理をするなと無理を言う

(どこかのホームページから)

 

<“念入り” 三句>

2011-1-23  宅急便 念入りに詰め笑顔待つ

帛子)     念入りに 三度探してゴミ箱に

         伝言は 念には念を入れ伝え

2011-2-7  念入りに おめかししての医者通い

         念入りに 言い訳するとボロが出る

2011-2-5 朝日川柳より

2011-2-4   安い服 やっぱり着ずに箪笥中

 (帛子)    安っぽい 同情きらううちの人

          五十代 必死で生きた日記見る

          原点は 子育てにある親心

          冬の夜 犬小屋の声安堵する

        

2011-2-11   収集車 雪のおまけを積んで行く

(雅代)

2011-2-11    雪うれし 子どもにかえりカメラ出す

(枕流)

2011-2-11  散歩道 ウンチウンチの花盛り 愛犬家とは あきれるばかり

(枕流 ただの5・7・5・7・7です)

2011-2-14   布団から 顔を出してる多年草

(枕流)      お遊びで シャレで始めたホームかな

 

◎数年前、ある期間、おなじようなことをやっていました

時々、思いつくままに書き記していただけですが、振り返ってみれば懐かしく思えることもあります。

ダウンロード
senryuu.doc
Microsoft Word 13.5 MB