◎久しぶりの更新です    大橋帛子(2017-6-22)

     ・体力も 口でも負ける 老いの坂

        ・腰痛に 負けてはおれぬ 趣味の会

           ・覚えたはず 迷ってしまう 地下迷路

              ・虎勝って 会話がはずむ 晩ごはん

                 ・水墨画 バックに散らす 空の色

◎馬に関する言葉いろいろ

馬が合う   馬脚をあらわす   馬の骨   馬力  下馬評   出馬  じゃじゃ馬   野次馬  馬の耳に念仏  塞翁が馬(人生の吉凶は予想不能)

サムフレンズ川柳句会 大橋

回答の 採点ミスで夢なくす

 九回へ 阪神勝てと気合入れ

  大会場 ひざかけがいるコンサート

               (平成25年7月2日)

まどろみの 眠気をさます蝉しぐれ

 菓子作り 教えてくれと全部させ

  クーラーの 温度でもめる熱帯夜

   暑中見舞い 返事は残暑お見舞いに

              (平成25年9月3日)

短気な人も 年老いた今頭うち

 お出かけは 着痩せのおかげ見ばえよし

  老いること 待ってくれない喜寿のとし

                   (平成25年11月6日)

当日に 欠席知らす友になり

 集まると 体の老いを口々に

                   (平成25年12月)

 

2013-6-4 大橋

アイス避け 喜寿の歳には熱いお茶

 手を振って バイバイ先に覚える子

  英語力 家族みんなで塾に行こ

   電燈の 消し忘れさえ勝った顔

    酸素マスク 上下している喉ぼとけ

2013-4-2 大橋

想定外 桜開花に大慌て

 ばあちゃんも 孫の負けずにケーキ焼く

  パテシエにアタック夢を持った孫

   お花見のメモで華やぐカレンダー

 

2013-3-14 大橋

山中さん テストテストで実用へ

 今日もまた 鍵握ってる家計簿

  ど忘れも お互いさまと夫婦仲


2013-2-10 大橋

     年賀状 干支を入れたし巳はリアル

      冬嫌い もう枯れそうでカイロ二個

       木枯へ 今夜は鍋でうつも入れ

        紅葉を 追いかけていく予定表

         築五十年 綿壁を塗る老い二人

◎真光寺住職の絵手紙

        真光寺住職
        真光寺住職

◎雅代の絵手紙数枚

             雅代
             雅代
                雅代
                雅代

◎大橋さんの三ヶ月 サムフレンズ川柳句会

お盆には 家族集まりハイポーズ

 耳元で ささやくないしょ孫五歳

  老いた二人 クーラー用の服を着る

   雷鳴が とどろく残暑涼を呼ぶ

    絵手紙の コスモス秋を招いてる

     ひまわりに 元気をもらうこの残暑

      絵手紙の ひまわり元気出せと来る

       他人事と 思ってた膝痛み出す

        老犬も 昼寝大好きこの残暑

         品定め 主人私は値切り役

          大震災 辛酸舐めめぐる四季

           大人でも 舐めてみたいなりんごあめ

            写メールで シホンケーキをくれた孫

             こおろぎの 久しく聞いた秋夜長

              紅葉を 追いかけていく予定表

               築五十年 綿壁を塗る老い二人

◎大橋さんの絵手紙

   大橋さん
大橋さん

雅代が一年振り返る

絵手紙を いつもケイタイ邪魔をする

 薄氷 耐えて鴨たち元気いい

  車中にて 若者の前元気ぶり

   朝ボラに 母なつかしいミシン掛け

    ランドセル 少し縮んで新学期

 

片言で ことわざカルタ孫読み手

  姉のかたみ 喪服をもらう複雑さ

   弁当に 桜の蕾二つ三つ

     庭隅に 静かにバイモ春を告げ

       若者の Tシャツを着て菜園へ(夫が)

 

健康の 手助け小さな万歩計

 ランドセル 大きさなじめぬ一年生

  本音みる 孫のたんざく笹飾り

   あちこちにが 身体に警報古希の坂

    銅メダル 笑顔と落胆紙一重

 

惜敗の 言葉に感動さわやかさ

 遺品から 生まれる小物針急ぐ

  時来れば 正しく咲き出す彼岸花

   警報機 独り住まいの友守る

 

          

大橋さん まとめてアップ

 ドラマ見る 朝から期待でも眠気

 くたびれた 話もみやげ古希の旅

  旅支度 もう疲れてる老いの坂

   平凡な 夫婦でボケをなすり合い

    兄嫁へ 日記に書けぬしこりあり

 

こわごわで 背で眠る子をねかしつけ

 草を挽き 太陽浴びて気は和む

  貧しくも たっぷり浴びた母の愛

   極楽の 法話聞きつつうとうとと

    墓参り 誰が来たのか香が立つ

 

感にぶり あれこれ会話のろのろと

 麦わらで 煙モクモク風呂わかす

  たばこ吸う 息子は星と話する

   ちょっとした 段差でころび古希の坂

    母が逝き 実家だんだん遠くなる

 

 

               雅代
               雅代
               雅代
               雅代
          大橋さん
          大橋さん
          大橋さん
          大橋さん
美智子さん
美智子さん

 

 

 

大橋さん
大橋さん

 

 

 

 

<第25回(2012)サラリーマン川柳ベスト10
順位       作品          (雅号)
1位  「宝くじ 当たれば辞める」が 合言葉 (事務員A) 6,022
2位  女子会と 聴いて覗けば 六十代 (ビート留守) 5,713
3位  妻が言う 「承知しました」 間いてみたい (大魔神) 4,092
4位  スマートフォン 妻と同じで 操れず (妻-とフォン) 3,696
5位  EXCELを エクザイルと 読む部長 (怪傑もぐり33世) 3,603
6位  何気ない 暮らしが何より 宝物 (考えボーイ) 3,352
7位  胃カメラじゃ 決して見えない 腹黒さ (レントゲン) 3,084
8位  立ち上がり 目的忘れ また座る (健忘術数) 3,079
9位  定年後 田舎に帰れば 青年部(フミヤフレンドリークラブ)2,978
       10位  最近は 忘れるよりも 覚えない (てくてく) 2,741